スポンサードリンク

ウィルス性肝炎以外の肝臓病@

肝臓病にはウィルス性肝炎以外にもアルコール性肝障害や
薬剤性肝障害、自己免疫や先天性によるもの、さらには
細菌や寄生虫が原因による肝臓病もあります。



先天性によるものには、先天性か遺伝的により血中の
ビリルビン(胆汁の黄色い色素)が増えることによって
黄疸が起こる先天性高ビリルビン血症があります。



通常ですとビリルビンは血液の中を流れ肝細胞に取り
込まれ、グルクロン酸と結合して、肝細胞から胆汁へと
排出されますが、先天性高ビリルビン血症は、肝臓の
ビリルビン代謝が先天的に悪いために、血中のビリルビン
が増加して黄疸が起こるものです。



ただ、これは肝臓などによる黄疸とは違い、特別な
治療を必要とせず、日常生活にも影響しません。



その他にも、3歳までに多くの命が奪われてしまう
ものに、先天性胆道閉鎖症があります。



これは、生まれるとともに重い黄疸があらわれ、
肝機能障害や皮膚のかゆみ、腹水などの症状も
みられるようになり、やがて死に至るというものです。



胆汁を運ぶための胆道が閉鎖していることにより起こる
もので、肝移植などを行っても成功率は低いようです。



また、肝硬変と糖尿病を併発する傾向があり、主に
男性に多くみられるヘモクロマトーシスと言う病気が
あります。



これは肝臓をはじめ腎臓、膵臓、皮膚などに鉄が沈着する
病気で、血を抜いたり、薬で排泄を促したりする治療を
行います。
posted by 肝臓元気 at 15:16 | 肝機能障害の原因と症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

B型肝炎やC型肝炎の感染原因と予防

B型肝炎やC型肝炎の感染原因には、血液や体液が
あげられます。



とくに以前は輸血や点滴などの医療事故や、入れ墨
などの原因によって感染するケースが多く見られ
ましたが、今ではチェックが厳しくなったこともあり、
輸血による感染は少なくなっています。



しかし、性行為による感染は依然として危険な状態に
あります。



精液や唾液によっても感染するB型肝炎やC型肝炎は、
患者やキャリアの人と性交渉をもつことによって、
粘膜をとおして感染する危険があるからです。



海外などでの買春行為なども、B型肝炎に感染する非常に
危険な行為です。



また、粘膜を通して感染するB型肝炎やC型肝炎は、
口の中や皮膚などに傷がある場合など、キスによって
感染する危険性も否定できません。



また、他人のカミソリや歯ブラシの共用も、感染原因に
なるので避けましょう。



こうしたウイルス感染を防ぐためには、性交渉の際の
コンドームの使用や、不特定多数と性交渉をもたない、
カミソリや歯ブラシを他人と共有しない、乳幼児などに
口移しで食べ物を与えないなどの注意が必要です。



とくに自分自身がキャリアであることを認知していない
場合、気がつかないまま、他人にウイルスを感染させている
可能性があります。



その意味では、ウイルス感染が疑われる場合、すみやかに
医療機関で検査を受けることをお勧めします。



ただ、B型肝炎の人と握手をしたり、会話を交わすなど
一般的な日常生活の中では、感染するものではありません。



必要以上に神経質になり、患者に対して誤解や偏見を
持たないように注意してください。
posted by 肝臓元気 at 23:24 | Comment(0) | 肝機能障害の原因と症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

B型肝炎ウイルスには注意が必要です

肝機能障害は十分な注意が必要ですが、中でもB型肝炎ウイルスの
キャリアでは、1/3の人が親から母子感染した人たちです。

今ではB型肝炎予防ワクチンが実用化され、母子感染が疑われる
ケースの赤ちゃんには、無料でワクチンの投与が行われています。

これにより、母子感染を原因とするキャリアは減ってきていますが、
他にも輸血や医療事故、性交渉などによる感染の危険があります。

ただ、医療事故や輸血などによる感染は、チェックシステムが厳しく
なってきたことなどにより、以前のような心配はなくなってきています。

しかし、性交渉による感染の原因としては、そもそも自分がウイルス感染
していることを認識していないケースも多く、知らず知らずのうちに
パートナーに感染させてしまうケースが多いようです。

過去に輸血を受けたことがあったり、急性肝炎になったことがあるような
場合、また、肝臓病患者が家族にいるような場合には、キャリアになる
可能性があるので、早めに一度検査を受けておいた方がいいでしょう。

また、ウイルス性肝炎に感染した人がアルコールを飲みつづけると、
肝硬変や肝ガンに進行させてしまう危険性があるので、ウイルス性肝炎
の人がお酒を飲むことは厳禁ですよ。

ですから、万一ウイルス性肝炎が疑われるようならば、すみやかに病院で
検査を受けることオススメします。
posted by 肝臓元気 at 23:18 | Comment(2) | 肝機能障害の原因と症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。