スポンサードリンク

B型肝炎やC型肝炎の感染原因と予防

B型肝炎やC型肝炎の感染原因には、血液や体液が
あげられます。



とくに以前は輸血や点滴などの医療事故や、入れ墨
などの原因によって感染するケースが多く見られ
ましたが、今ではチェックが厳しくなったこともあり、
輸血による感染は少なくなっています。



しかし、性行為による感染は依然として危険な状態に
あります。



精液や唾液によっても感染するB型肝炎やC型肝炎は、
患者やキャリアの人と性交渉をもつことによって、
粘膜をとおして感染する危険があるからです。



海外などでの買春行為なども、B型肝炎に感染する非常に
危険な行為です。



また、粘膜を通して感染するB型肝炎やC型肝炎は、
口の中や皮膚などに傷がある場合など、キスによって
感染する危険性も否定できません。



また、他人のカミソリや歯ブラシの共用も、感染原因に
なるので避けましょう。



こうしたウイルス感染を防ぐためには、性交渉の際の
コンドームの使用や、不特定多数と性交渉をもたない、
カミソリや歯ブラシを他人と共有しない、乳幼児などに
口移しで食べ物を与えないなどの注意が必要です。



とくに自分自身がキャリアであることを認知していない
場合、気がつかないまま、他人にウイルスを感染させている
可能性があります。



その意味では、ウイルス感染が疑われる場合、すみやかに
医療機関で検査を受けることをお勧めします。



ただ、B型肝炎の人と握手をしたり、会話を交わすなど
一般的な日常生活の中では、感染するものではありません。



必要以上に神経質になり、患者に対して誤解や偏見を
持たないように注意してください。
posted by 肝臓元気 at 23:24 | Comment(0) | 肝機能障害の原因と症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。