スポンサードリンク

日本人に多い肝臓病とは?

肝臓病の原因といえば、アルコールというイメージを持って
いる方が多いようですが、実は日本における肝臓病の約8割は
ウイルスが原因によるもので、アルコールが原因のものは
2割程度なのです。

同じような傾向のある国としては、東南アジアやアフリカなどで、
特に世界のB型肝炎キャリアの2/3が、東南アジアに集中
していると報告されています。

アルコールが原因の肝臓病が多いのは、欧米といわれていますが、
やはりアルコールの消費量が多いことに起因しているようです。

現在までにわかっている肝炎ウィルスは、A型・B型・C型・
D型・E型の5種類になりますが、特にB型肝炎とC型肝炎は
慢性化しやすく、肝硬変や肝ガンへ進行する可能性があるので
注意が必要です。

B型とC型肝炎は血液や体液を介して感染しますが、B型は
成人が感染した場合より、母子感染により乳幼児が感染した場合
のほうが、将来的に慢性肝炎に進行する確立が高いといわれて
います。

また、C型肝炎の場合は、ほとんどの場合が輸血、予防接種などの
医療行為が感染の原因で、C型は成人が感染した場合でも慢性化
しやすいのが特徴です。

B型肝炎とC型肝炎を合わせると、日本人の600万人がキャリア
(ウィルスを体内に持ってはいるが発症はしていない状態)だとも
言われていますが、キャリアの人達は、病気が発症しないと気が
つかないケースが多く、知らないうちに2次感染を引き起こして
いる可能性があります。
posted by 肝臓元気 at 22:33 | Comment(1) | 肝機能障害の原因と症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめてコメントいたします。
世の中にはたくさんの人が病気や怪我で困っていますよね。
そんな方々に物理的にも精神的にも、手助けできることはないかと日々模索しています。
私は肝臓移植や腎臓移植などの臓器移植について勉強中です。
少しでも多くの人たちを助けらればと考え、微力ながらも行動しています。
こちらのサイトは参考になり大変助かりました。
ありがとうございました。
Posted by 腎臓移植について at 2011年03月24日 17:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。