スポンサードリンク

症状でチックする肝機能障害

新年を迎えてこの時期は、まだ新年会などがチョコチョコと
ありますよね。

年末年始にかけて酷使してきた肝臓の方は、大丈夫でしょうか?

なにか普段と違うような身体の異常を感じたら、やはり注意が
必要ですよ。

肝機能障害が疑われるような症状がいくつかありますので、
心配のようなら一度チェックしてみてください。

1つ目は、「手の親指や小指の付け根の方が赤い」というような
症状です。

これは慢性肝炎などでみられる症状のひとつで、手のひら側の
親指や小指の付け根が、まだらに赤くなるような症状が出る
場合があります。

この症状は慢性肝炎が進行した、肝硬変などでもみられるものの
ひとつです。

2つ目は、「体のだるさが続いている」ような症状です。

この時期は特にお正月の疲れや、風邪等による発熱などによる
体のだるさと混同することも多いのですが、症状が長く続く
ようなら注意が必要です。

3つ目は、「白目が皮膚が黄色っぽくなる」という症状です。

これは急性肝炎などで、体のだるさなどとも連動して見られる
ケースです。

もしも、体のだるさなどに続きこのような黄疸の症状が出てきた
場合などには、注意が必要です。

4つ目は、「おしっこの色が濃い褐色」になってきたという
ケースです。

このような症状も、急性肝炎などでみられるもので、体のだるさ
や黄疸などの症状と合わさって出ているようなら、肝機能障害の
可能性が高いといえます。

もちろん、肝臓病の症状は、それ特有のものはあまりなく、
他の病気などでもみらえる症状が多いので、なかなか気がつき
づらいものですが、もし気になる症状が続いているようなら、
早めに病院で診てもらったほうが安心ですよ。
posted by 肝臓元気 at 12:47 | Comment(0) | 肝機能障害の原因と症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。