スポンサードリンク

休肝日を作って肝臓を休めてあげましょう

お正月は、食べて飲んでを繰り返えすことが多いので、
かなり胃袋や肝臓が疲労しているのではないでしょうか?

肝臓が年末から酷使されていたところに、お正月料理を
たっぷり食べているので、体の疲労というよりも、内臓疲労に
注意しなければなりませんね。

よくアルコールは百薬の長などとも言われますが、もちろん
飲みすぎれば百害あって一利なしです。

このへんで休肝日を作っておくことをオススメします。

適量のアルコールの場合は、血行をよくしたり、精神的な
ストレス解消にも役立つ場合がありますが、肝臓がアルコールを
処理できる能力には限界があります。

肝臓が一時間でアルコールを分解できるのは、体重1Kgあたり
100g程度なので、毎日飲みつづければ肝臓は休むことが
できません。

つまり毎日飲みつづけるということは、脂肪肝をはじめとする
肝機能障害を引き起こすのに、もってこいの条件を作ってしまう
ことになるのです。

さらに今の時期には、どうしても1回のアルコール摂取量が
増えるだけでなく、朝やお昼からお酒を飲むような機会も
増えるので、肝臓はフル回転状態になってしまいます。

お正月休み明けに、体がだるく感じて仕事にならないという
ことがないように、そろそろお酒を飲むのも控えめにして、
せめて休みの最後の日ぐらいは、お酒を抜いておきましょう。

また、よく二日酔いに迎え酒などといって、お酒を飲んでいる人
がいますが、これは単に肝臓をいじめているだけですので絶対に
やめましょう。

二日酔いには、水分を多めに飲んだり、シャワーやぬるめの
お風呂にゆっくりつかった方が効果的です。

アルコールと上手に付き合うためには、最低でも一週間に2日は
休肝日を作って肝臓を休めてあげて下さいね。

posted by 肝臓元気 at 22:48 | Comment(0) | アルコール性肝障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。