スポンサードリンク

肝機能障害とアルコールと薬

肝臓がアルコールの分解をするのに大忙しになってしまうと、
肝臓の役割の1つでもある脂肪分の代謝まで手が回らなく
なります。

そうなると脂肪肝などの肝機能障害などを引き起こすことに
なります。

では、肝臓に負担のかからないアルコールの量とはどれくらい
なのでしょうか?

もちろん人により差があるのですが、ビールなら大びん2本、
日本酒なら2合、ウイスキーのシングルなら4〜5杯程度で、
これはおおよそ肝臓が一日に処理できる量の半分以下です。

これ以上のアルコールの量を超えて、長期間にわたってお酒を
飲みつづけると、いずれはアルコール性肝炎を引き起こす
可能性が高くなります。

また、日本酒を毎日5合以上を15年以上飲み続けた場合、
およそ7割近くが肝硬変になる危険性があると言われています。

また、一般的には男性より女性の方がアルコールに弱いので、
注意が必要です。

その他に肝機能障害がある人にとっては、薬も要注意なものの
1つです。

なぜなら、肝臓はアルコールだけでなく、薬なども分解する
役割を担っているので、それだけ肝臓に負担をかけることに
なります。

例えば爪水虫などを治療するのに効果的な内服薬なども、
肝機能の弱っている人は服用を避けたほうがいい薬の1つです。

万一、肝機能障害が認められているのであれば、病院で薬を
もらうときは、その旨を申し出ることを忘れないで下さい。

また、市販の薬などの多様は控えるようにして下さいね。
posted by 肝臓元気 at 01:49 | Comment(0) | アルコール性肝障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。