スポンサードリンク

アルコールに弱い日本人の肝臓

肝機能障害を最も気をつけなければならない季節がやって
きましたね。

これから年末・年始にかけては忘年会や新年会シーズン、
アルコールを分解するために肝臓がフル回転状態になる方も
多いと思いますが、大切な肝臓を是非いたわることを
忘れないで下さい。

特に体質によってもお酒に強い人と弱い人に分かれます。

これを考えないで、無理にお酒を勧めたり、お酒に弱いので
飲んでアルコールに強くなろうなどという行為はとても
危険です。

アルコールは体内に入ると、アセトアルデヒドという物質に
分解されるのですが、これはとても毒性が強いため、
顔面の紅潮や頭痛、吐き気などの症状を起すのです。

そしてアセトアルデヒドを分解するアルデヒド脱水素酵素には
2種類あるのですが、日本人の場合には、この片方の酵素の
働きが弱い人が約40%で、4%の人は全く持っていない
とされています。

つまり日本人のおよそ40%の人はお酒に弱く、4%の人が
お酒を飲めない人といえるのです。

当然このような人がお酒をたくさん飲むことが危険だという
ことが理解できますよね。

また、お酒を飲み続けることによって肝障害が進行する過程は、
アルコール性脂肪肝→肝線維症→アルコール性肝炎→肝硬変、
となります。

今とくに体に何も症状がない人でも、アルコールを長期間に
わたって飲みつづけている人は、すでにアルコール性脂肪肝に
なっているかもしれませんので、一度血液検査で肝機能の
チェックをしておきましょう。
posted by 肝臓元気 at 14:00 | Comment(0) | アルコール性肝障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。